神経ブロックとは
神経ブロックとは、痛みの原因の神経に局所麻酔薬(切 り傷を縫うときや、歯を抜くときに使う麻酔薬)と、少 量の抗炎症剤やホルモン剤(炎症や腫れをひかせる薬) などを注射する方法です。 局所麻酔薬の直接効果で、痛みが一時的に軽くなります が、効果はそれだけではありません。 痛みの場所の血液の循環が良くなり、またその場所の凝 り固まった筋肉の緊張がゆるみます。 痛みの場所にたまっている痛みの原因物質(発痛物質と 呼びます)が、血液の循環で洗い流され腫れがひきます。 この治療を繰り返しますと、一回一回の薬の効果時間は 短い(せいぜい数時間)のに、次第に痛みは軽くなり、 すっかり治ってしまうケースも珍しくありません。
また「神経ブロック」というのは総称であり、実際には 「星状神経節ブロック」とか「硬膜外ブロック」とか多 くの方法があり、全身の様々な痛みに対して行います。




注射というと“痛いのではないか?”と思われるでしょ うが、細い針を使うのでそれ程痛くありません。予防接 種の方が痛いくらいです。 痛みにもよりますが、外来で何回かブロックを打っても 良くならない場合は、レントゲンを見ながらの神経ブロ ックを行います。 また入院して神経ブロックを行う場合があります。

「注射嫌いの人に」

・注射がどうしても嫌な患者さんには無理に は行いません。   嫌々受けた神経ブロックは、むしろ全身の緊張が強くなり、   効果が打ち消されてしまう場合が多いようです。 神経ブロックを行わない場合は、飲み薬や体操療法をお勧   めします。
・飲み薬や体操療法は、神経ブロックを受けている患者さん   にも必要に応じて行います。   神経ブロックだけで痛みがとれるとは限らず、薬や体操の   併用によって治療効果が高まります。   神経ブロックよりも飲み薬の方がよく効く痛みもあります。   また、漢方薬も使う場合もありますのでご相談下さい。



神経ブロックの疑問
痛みのために局所、あるいはより中枢に局所麻酔剤を作用 させると痛みは止まったのですが、薬の作用時間を越えて も痛みは前ほど強く起こらないのは、何故でしょうか?

痛みがあると交感神経が緊張し、血管が収縮します。 すると血液の循環が悪くなり、 局所的に代謝異常になり発痛物質を生じます。 そして、
「痛み→血行障害→発痛物質→痛み」
という悪循環に陥り、 痛みが持続するのです。

ところが、神経ブロックにより痛みを伝える知覚神経や、血管 の収縮をもたらす交感神経を遮断すると、この悪循環の一端 が断ち切られ、あとは本来、生体に備わっている治ろうとする "力"(ホメオステーシス)が働くというわけです。


       ○他科への紹介

       痛みを訴えて受診したが、他に何か異常が疑われる場合。
       例えば:脳腫瘍による三叉神経痛


       ○他科からの紹介

       ●最初からペインクリニックの対象となる疾患。
        例えば:強い痛みを伴う帯状疱疹  帯状疱疹後神経痛 

       

       ●内科的治療、外科的治療の対象となる病気がはっきりし
        ているが、痛みが充分取れない場合。

        例えば:癌性疼痛     慢性閉塞性動脈硬化症 

        バージャー病     レイノー症候群     腰痛症

        肩関節周囲炎     カウザルギー     尿路結石

        反射性交感神経性萎縮症     糖尿病性神経症

          

       ●はっきりした異常が見つからないのに痛みがある場合。

        例えば:外傷性頚部症候群     頚肩腕症候群

        不定愁訴症候群     自律神経失調症

ペインクリニックで治療が行われる病気
           帯状疱疹、頭痛・顔面痛、偏頭痛、群発頭痛
           顔面痙攣、眼瞼痙攣、三叉神経痛
           頚肩腕症候群、外傷性頚部症候群 
           頚肩上肢痛、癌性疼痛、カウザルギー
           反射性交感神経性萎縮症、末梢血行障害 
           慢性閉塞性動脈硬化症、バージャー病
           レイノー症候群
           眼科的疾患、 急性網膜中心動脈閉塞症
           耳鼻科的疾患、突発性難聴、顔面神経麻痺
           鼻アレルギー
      
 
神経ブロック法の種類
・星状神経節ブロック
・硬膜外ブロック-仙骨ブロック
・三叉神経ブロック   ・顔面神経ブロック
・後頭神経ブロック   ・肩甲上神経ブロック
・腕神経叢ブロック   ・肋間神経ブロック
・大腰筋筋溝ブロック  
・トリガーポイント注射 
・交感神経ブロック(星状神経節ブロック以外)
・胸部交感神経節ブロック
・腰部交感神経節ブロック 
・腹腔神経叢ブロック 
・局所静脈内交感神経ブロック
・くも膜下フェノールブロック

(手技の項が別にあります。詳しくはそちらで見て下さい。)



★手足の冷え、しびれ、痛み(末梢血行障害)★
バージャー病(TAO) 閉塞性動脈硬化症(ASO) 手術後の動脈閉塞 レイノー症候群など
手足の血管が詰まったり、細くなって血行が悪くなると、 手足のしびれや痛みがおこります。重症になると腐って 潰瘍ができたりします。 血行を良くするために人工血管に代える手術や、血管の 中で風船を膨ませる治療法があります。 その前に神経ブロックで良くなる場合があります。

★顔の痛み 三叉神経痛
三叉神経痛は、副作用のない範囲内であればテグレトールなどの 薬でコントロールしていても良いが、薬でコントロールが難しい 時に神経ブロックや脳外科的手術が適応となります。
神経ブロックはほとんど日帰りで施行可能ですが、痛い部位によっ てはレント ゲンを見ながら行います。
ただし、痛みのきっかけや電撃痛等の特徴を有しない顔面痛は、 三叉神経痛ではない場合が多く、鑑別診断を厳重に行う必要があ ります。

★慢性の頭痛★
緊張性頭痛、血管性頭痛、片頭痛、群発頭痛など頭痛には多く の原因がありますが、生命に関わる基礎疾患(脳腫瘍など)がな い慢性頭痛は、ペインクリニックの適応になります。
ストレスから来る頭痛もあり、神経ブロックのほか、薬も必要 なことが多いようです。

★頸、肩、腕の痛み★
頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間関節症、
外傷性頸部症候群(ムチウチ症)、頚椎脊柱管狭窄症
胸郭出口症候群、急性疼痛性頸部拘縮(寝ちがい)
五十肩(肩関節周囲炎)、いわゆる肩凝り、肩板断裂
など
頚椎の異常に由来する頚、肩、腕の痛みには、症状や MRI検査により、責任病変を明らかにします。
外来の神経ブロックでよくなる患者さんもおられますが、 重症の場合は、レントゲンを見ながら病変部位(椎間板、 神経根、椎間関節など)に直接ブロックします。
頚椎椎間板ヘルニアでは、局所麻酔で経皮的椎間板摘出術    を行う場合もあります。   肩関節の異常による肩、上肢の痛み、運動制限には、肩関 節内注入をし ます。

★胸部の痛み★
肋間神経痛、背部痛、開胸術後症候群、胸椎椎間板ヘルニア、胸 椎椎間関節症、胸椎圧迫骨折など胸部の脊椎の異常による痛み に対しては、 頚椎の病気と同様に治療します。
肋間神経痛は、痛みの原因を調べて肋間神経をブロックします。 開胸手術後の胸の痛みには、肋間神経ブロックや胸部交感神経 ブロッ クを行います。

★腰痛、下肢の痛み★
変形性腰椎症
腰椎椎間板ヘルニア
根性坐骨神経痛
腰椎脊柱管狭窄症
腰椎椎間関節症
腰椎圧迫骨折
筋筋膜性腰痛症
変形性股関節症
変形性膝関節症
        など
腰椎の異常に由来する痛みに対しても、頚椎と同様に、症 状、MRI所見から責任病変を診断して、重症例では、レ ントゲンをみながら病変部位(椎間板、神経根、椎間関節 など)にブロックします。
腰椎椎間板ヘルニアでは、経皮的椎間板摘出術を行う場合 もありますが、当院では行っていません。
脊髄神経の血液循環不良に由来する症状には、腰部交感神 経ブロックを行います。手術を必要とする程の重症例でな ければ、変形性股関節症や変形性膝関節症も診療します。 それぞれ、関節内注入を行います。

★帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛★
帯状疱疹の痛みは、ヘルペスウィルスによる神経の炎症による痛み です。
皮膚の発疹は自然に治りますが、痛みは適切な神経ブロック治療を 行わないと半永久的に残る場合があります(帯状疱疹後神経痛)。
とくに、高齢者の方、発疹の程度が強い患者さんは注意が必要です。
神経ブロックは、できるだけ早くから開始する必要があります。 発病してから何カ月も何年も経過している場合、完治は困難です。

★反射性交感神経性ジストロフィー・カウザルギー★
外傷や手術の後に、傷は完治しているのに痛みやしびれが続く場合 があり、反射性交感神経性ジストロフィー と呼びます。
神経が明らかに切断されたりした後に、激しい痛みが続く場合をとく にカウザルギーと呼びますが、 同種の病気です。
各種神経ブロック、リハビリテーションを行いますが、完治は なかなか困難です。

★顔面神経麻痺、突発性難聴
顔の筋肉(表情筋)を動かす神経は顔面神経です。また、聴こえの神 経は聴神経です。
ストレスや過労で、これらの神経の血液循環が一時的に悪化すると、 顔面神経麻痺や突発性難聴になります。
神経の血液循環を速やかに回復させないと、神経の栄養が不足し、 神経の栄養が不足し、麻痺や難聴が回復しなくなります。
発病後できるだけ早期に、星状神経節ブロックを行うことにより、 神経の回復が促進されます。
他の一般的な治療としてはホルモン剤を全身的に大量投与する 方法がありますが,副作用の問題もあります。我々は顔面神経 の近くに少量のホルモン剤を注射することによって,薬の量を 減らして効果を上げています。

★顔面けいれん★
顔面けいれんは、顔面神経が過敏になって、顔の筋肉が勝手に動く 状態です。 顔面神経ブロックを行うことにより、けいれんが止まります。

★アレルギー性鼻炎★
アレルギー性鼻炎の原因は様々な因子がからみ複雑ですが、星状 神節ブロックにより、症状が軽くなる場合があります。
週2回のペースで5回程施行しますが,約50%に効果が認められます。


すべての医療行為は100%安全なものではありません。
例えば、薬はすべて(薬局で個人で買える薬でさえも)何%かの頻度で アレルギー(特異体質)を持っている患者さんがおられます。
その場合、皮膚が赤くなって発疹が出たり、熱が出たり、手足や顔がむ くんだりすることがあります。また頻度は極めて低いですが、ショック を起こして命に関わりかねない場合もあります。
薬を使う前に、その患者さんにアレルギーがあるかないかを完全に調べ る事は不可能であり、またアレルギーの予防薬というのもありません。 したがって万一、アレルギーが起こった場合には、速やかに治療するこ とが非常に重要になります。

 



前のページへ トップページ